ポジティブ具合


何があっても どんな事が起きても、考え方によって全てが良い事に考える事ができます。
そして きっと、その考え方によって結果も良い方に転がっていくと信じています。

両親を初め多くの人のサポートがあり、このような考え方になれました。




事故


今になってみると、事故にあって良かったと思います。

人生の強制的軌道修正だったからです。


昔の自分が嫌いなワケじゃありませんが、もし人にそれまでの人生を説明するとしたら、

工業高校を出て、工業の専門学校を出て、設計事務所に入ったけど3カ月でクビになって、アルバイト中。

あまり素敵とは言えません。



きっと、俺はもっと大きな事をする為に 考える時間を神様がくれたんだ。(宗教は何もやっていません やろうとも思いません)


むしろ、事故前から「う〜〜〜っんと悪い事があってもいいから、う〜〜〜っんと良い事がありますように」と心の中で思っていた俺へのプレゼントかもしれません。

ただ、う〜〜〜っんと悪い事はあっても良かったけど、予想以上にう〜〜〜〜〜っんと悪い事でした。



神様、プレゼント大きすぎるよ・・・・・




俺は性格的に考えるとすぐ行動してしまう性分で、今までじっくり考えて行動した事がありませんでした。

○○建築設計事務所をクビになってから始めた銀座での居酒屋のアルバイトも、1日12時間働き(休憩時間抜き)、月に4日休んで、月に計300時間の労働時間

考える時間も無い位働いていました。(考えたくもなかったとも考えられますが・・・・・)



体が動かないとなると、頭を使うしかありません。

1日中考えた事もあります。

俺は意外とポジティブだと気付いたのもこうなってからです。


俺は事故にあって良かったと思っていますが、みなさんはくれぐれも「事故にあいたいなぁ〜」とは思わないでください。






障害


状態が良くない事に感謝します。


もし状態が良く、ある程度の生活が出来てたなら快復といういばらの道は選ばず、きっとそれなりの車椅子生活を送っていた事でしょう。

1人で生活出来ないほど状態が良くない為、快復の道を選び
脊髄損傷と戦っていく気になったと思います。



今は、快復の先に自分の足で歩く事を見据えていますが、それで良かったかはまだ誰にも分かりません。

事故があまりにも大きく、本来なら あっち(多分 天国)に行ってるハズの人間なので、快復もあるハズです。






と、こんな感じのポジティブ具合の上に今の俺がいるワケですが、ここから先は日常のポジティブ具合です。

ただ、分かっていて欲しいのが常にポジティブではなく、常に最悪を頭の片隅に置いてある上での嫌になる位ポジティブという事。
ちなみに、指摘はいりません。






もしかして○○建築設計事務所をクビになったのも強制的軌道修正で、それでも軌道を修正しきれなかったので事故という軌道修正に踏み切ったというふうにも考えられます。

ちゃんと死なないように、ちょっとキツい革ジャンという防具を装備させて。





「死ぬ、絶対に死ぬ」といわれても死んでない俺は、すでに現代の医学の範疇を凌駕しているという事になります。





ICUは救急病棟という事で素早い動きが求められるのか、看護師の平均年齢が低い(若い)です。

特に良い事があったというワケではありませんが、普段の生活の中で接する人が若い人で良かったと思います。





事故から10月8日まで人工呼吸器を付けていた為、喋る事が出来ず、口パクでした。

辛かったですが、それで良かった事もあります
口を読まれた事もありますが、脳挫傷の為とんでもない事を言ってたから・・・・・





俺は頚椎をななめに損傷してるせいか右足と左足で痙性の起き具合が違います。
右足より左足の方が痙性が起きやすいのです。

するとどうでしょう、今現在左足の方が筋肉が落ちずに太いです。

筋肉を保つのに痙性は一役買っているらしいです。


頚椎の下の方を損傷して障害が軽い人はやたら痙性が強いとも聞きました。
痙性と快復は何か関係があるのかもしれません。

俺は痙性は、体が「動きたい」って言っているように感じます。





2003年、我が母校「長野工業高校」が甲子園に出場する事になりました。

母校も俺を応援してくれてるようです。





2004年になり、日記を付け始め、書初めもしました。

今まで日記はもちろん書き初めも、やったといえば、、、小学校の頃の宿題の時位です。
今はどちらもやるのが困難なワケですが、不思議ですね。

自分で出来る事は、昔はやった事が無くても今はやります。
昔とくらべて何が変わったかってゆーと、心意気です。





ホームページを作るにあたって、両親はお世辞にも協力的とはいえませんでした。

しかし完成した今となっては、協力的でない方が良かったのだと思います。





耳がかゆい・・・


俺は昔から耳がかゆいのは良い事を聞く前兆と聞いています。

いつもかゆいワケじゃありませんが、耳がかゆく感じるようになって早2年、
相当良い事を聞くものと思われます。





頭や顔・体がかゆい。


傷が治る時は傷口はかゆくなるものです。
俺にとって かゆい=治ってる という事。

顔などは特に傷は無いものの、何かが治っていると思います。美しさとか・・・・・





HIROMICHI NAKANOというブランドがあります。

服のブランドです。


よくよく服のタグを見てみるとHIROMICHI NAKANOじゃなくて

hiromichi
BY HIROMICHI NAKANO
って書いてあるじゃありませんか。

俺はそれを見て、俺も
muneyoshi
BY MUNEYOSHI HORIUCHI
で行こうと思いました。


商品?
今はまだ自分位しかありませんが、そのうち・・・・





忘れっぽい

生まれ持っての忘れっぽさには、昔から苦労しました。


が、今となっては辛い事や嫌な事があっても寝ればだいたい忘れてるという便利な能力です。

が、事故前の事を脳挫傷で忘れてるのか、ただ忘れているだけなのかが分からない所がやっかいな所です。

これからは改善していきたいとは思いますが・・・・・





NEWありがとうについて

俺は公共交通機関を使って外出するのが大好きです。一方、は嫌いです。

曰く、車椅子で出ると普通の事・当たり前の事・何をするにも「お願いします」「ありがとうございます」と言わなければいけないのが嫌になったそうです。(卑屈になっているワケではない)
これは体験してみなければ分からないのかも・・・

が、俺は全く持って平気です。


なぜなら俺は日常生活全ての事に対して「お願いします」「ありがとうございます」と言っているからです。

日常生活の中で声を出して「ありがとう」と言う事が一般人よりはるかに多い、、、多く言わざるを得ない、、、そんな生活も素敵なもんですよ・・・・・





知っておいてほしい知識

みなさんに知っておいてほしい知識、
知っているのと知らないのとでは天と地ほどの違いがあると思います。
頭の隅に置いておいていただけるとうれしいです。

しかし新しいコンテンツを作るほど量は多くはありません。
今はポジティブ具合の下にひっそりと置いておく事にします。






四ツ葉のクローバーマークこのマークは平成14年から施工された障害者マーク
(四ツ葉のクローバーマーク=身体障害者標識)です。

肢体不自由を理由に運転免許に条件を付された方が普通自動車を運転する場合において、その肢体不自由が運転に影響を及ぼすおそれがあるときに、その普通自動車に表示するものです。

つまり、このマークを付けた車は障害者が運転しているという事です。


警視庁によると、四ツ葉のクローバーは『幸福の象徴』葉の形が人のやさしさを『ハート』になっているそうです。

従来の障害者マーク車椅子マークとは違います。また、付ける事を義務付けられてはいません。





声のかけ方

掲示板の困っていそうな方がいても健常者にしてみれば声をかけていいものなのか、悪いものなのか判断がつきかねるというご意見より


困っていそうな方に声をかけるとしてベストな声のかけ方があるとしたら、「何かお手伝いすることはありますか?」だと思います。
いわゆる「May T help you?」ですね・・・(いらっしゃいませではありません)

それに対して声をかけていただいた方も、手伝ってもらう事が何も無かったとしても「ありがとうございます、今は大丈夫です」等の言葉が求められます。


障害のある方へ:障害があるのだからやってもらうのが当たり前だとは思ったら最後、溝は永遠に埋まらないでしょう。気をつけてください。







副作用の無い薬は無いと言われています。

薬の効果で得られる期待した作用(主作用)以外の作用を副作用と言うのでどんな薬にもです。
病院で処方されたものにも市販されているものにも漢方薬にも副作用はあります。


その事を考えると、できるなら薬は極力飲まない方が良いです。
飲んでも飲まなくてもいい薬なら飲まない方が良いんです。

薬を飲む時は主作用と副作用を見極めて飲んでください。





健康管理士 KMさんに教えてもらった健康に必要なモノ

軌跡の中に置いておくだけでは、なんかもったいないので引っ張り出してきました。

第1位 睡眠
第2位 運動
第3位 精神
第4位 栄養
バランスが大切よ♪睡眠・運動・精神・栄養

とは言っても、全てがバランスよく必要だそうです。

イメージ的には健康という車の一つ一つの車輪です。四つがあって健康という車が動きます。





身体障害者等駐車禁止除外指定車標章


身体障害者の駐車禁止除外指定車証です。

どこでも駐車できるというワケではありませんが、それでも駐車できる範囲は広がります。


俺は申請前に車椅子マークを付けていてハザードを付けている状態で車から離れていて、駐車違反の切符を切られ罰金一万五千円を払いました。


行政はシビアです。

最寄の警察署で手続きができます。悪用する事件が多発しているので警察も目を光らせていますが、申請可能な方はどうせなら罰金を取られる前に申請してみてください。

2007年9月に交付対象が車両特定標章から本人特定の標章に変わったそうです。
障害区分・等級駐車できる場所など詳しい事は専門の場所に行って確認してください。



期限は3年です。





NEW障害者割引について

様々な場所で設けられている障害者割引制度。とてもありがたいです。

ただ、割引をアタリマエに感じてはいけません。


使わせていただく側の感謝があって割引制度は完結します。










トップページへ
TOPページへ