6月21日のメール

日記とメールを書いたノート
何を考えてかは聞いていませんが、両親が書いた事故当時から県リハにいた頃までの日記と、事故当時から連絡をとっていた携帯電話のメールをまとめたノートがあります。
そのノート達はホームページ作りに大活躍しました。

両親にノートに書いてある事の詳細を聞くと嫌な顔をされます
もう思い出したくないようです。

2002年2月15日〜2002年7月18日分の日記 2002年7月19日〜2003年7月29日分の日記 2002年2月15日〜2002年8月8日分のメール
書き始めは、あとはが長野に集金のパートに帰ってきてる時だけが書いて、普段はがほとんど書いています。

この時期は結構ぎっしり書いてあり、写真の見開きは「3月9日〜3月12日」分です。
ノート1冊書ききって2冊目に突入。毎日朝から晩まで俺を介護してくれたのはなので日記もが書いています。

このノートの後半になるともいいかげん書く気力がなくなってきたようで、写真の見開きは「1月5日〜2月5日」分です。
携帯電話で連絡を取っていた事故当時のメールや、間で取っていた宗喜速報メールなど、の携帯電話に入っていた送受信メールなどをが自分でまとめたノートです。

写真の見開きは「3月25日〜3月28日」分です。









トップページへ
TOPページへ