2002年 2月15日


状態、状況

事故前はいたって健康。今日も元気に さぁ仕事!
って気分でバイク便の仕事に出かけたと思います。
朝9:00の朝礼にもちゃんと参加し、9:30からバイクを使い配送を始めた。     らしいです・・・・・・
これも今の俺の記憶には全く残ってない1日。




写真どころではないので写真はありません




重要な事

11時頃、港区赤坂・渋谷区広尾で荷物を受け取り品川区西五反田方面に向かう途中、国道1号線 魚藍坂下の交差点の信号を赤で突っ込み(信号無視)


右折車のライトバンと

衝突します。




相手方の保険会社が「こっちは悪くない」 と提出してきた書類
偶然にも同じ会社のバイク便の人が対向車線にいて、その衝突の瞬間を目撃したそうです。


その人の話によるとその時俺は信号じゃなく

横を見ていて

赤信号なのにノーブレーキで車に突っ込んでいったそうです。




分かりやすく笑えないアニメ
事故GIFアニメ(WEBページ更新で最初から再生)




バイクのフロントはグチャグチャになり、車は俺の頭が車の側面に刺さった状態で右折しきってから道路の端に止まります。



頭が車の側面に突き刺さった時に頚椎の5番めあたりを損傷して、

右折をしきった時に体が振られて頭蓋骨が抜けた

ものと思われます。




普通 頭蓋骨が抜けると、

首には大動脈とか大事なものが沢山あるので死ぬ。


らしいですが、、、生きてますね、俺。





だけど首は頭蓋骨が抜けた為、切れたというより破けた感じで大量出血

事故時、所持していたノート(血まみれ)

その後 都立広尾病院へ搬送された時、その時フルフェイスのヘルメットを頭蓋骨の抜けてる俺から取った救急隊員の人は、とても上手く取ったと広尾病院の主治医の先生は言っていたそうです。











その他の出来事

普通どんな事故でもブレーキ痕は少しでも残っているものらしいのですが、

俺の事故には少しのブレーキ痕も残っていない

自殺も頭に入れて捜査が進み、交差点内の事故にもかかわらず

10:0で俺が悪いことになります。




後で聞くところによると、

交差点内の事故で10:0はありえないらしいです。





たまたまが持っていた仏像の本を見たら、

2月15日はお釈迦様の命日という事になっているじゃありませんか。


だから何?って言われても何もないけど、、、そうらしいです。





ちょっと不思議な世界の話を少々。
普通バイクで交差点を通過する時、横を向いているなんてありえません。


俺はそんなに不注意な人間じゃない、、、

はず・・・・・



何故?モリノスさんはこう答えました。


の時間帯にの場所に吸い込まれるように入っていった。けど、守護霊が強くてちょっと時間をずらしてくれたから肉体はグチャグチャにならなかった」と。





事故後広尾病院に搬送され、その日着ていた革ジャンを切って処置をしてもらいました。


革ジャンより命の方が大事なので全然かまいませんが、

その革ジャンは一月前に買ったばかりのブランドの革ジャンでした。



残念ながらその革ジャン、迷った末買った記憶はあるものの

着た記憶が全くありません。それって・・・・・





その後は→2月15日〜17日









トップページへ
TOPページへ