2012年 2月〜



状態、状況

実家にいる。
頚髄損傷。両肩をすくめる事ができる。右肩を可動域は狭いものの回す事ができる。右肘を曲げる事ができるが、延ばす事はできない。右手首を返す事ができる。
膀胱瘻を付けている。
夜寝る時以外電動車椅子に乗っている。褥瘡対策の為、1日に何回か徐圧してもらう。たまに筋トレをしている。1日3食、食事の装具を付けてもらい自分で食事する。手をテープで縛ってパソコンを使う。装具を使い字を書く。スマートフォンを使う。
毎日、朝起きてからPT、ニンテンドーDSで脳を鍛えて、スタンダップチェアーで立ちながら歌いプルプルマシーンを使う。4日に1度排便。毎週月曜日と金曜日、特殊浴槽で入浴する為に桃の郷に行く。毎週水曜日、で入浴。週に一度、朝日病院リハビリに行く。週に一度、パソコン教室を開く。1ヵ月に1度、膀胱瘻の交換に篠ノ井病院に行く。1ヵ月に1度、整形外科の診察を受けに朝日病院に行く。半年に1度、脳外科の診察に篠ノ井病院に行く。


新しい事     今回が最後の事





外

2月13日 ながのふくしネットのけんり部会&当事者会の交流会に参加します。

風邪は治りましたが、体調90%くらいの病み上がりです・・・



今回は幹事の一人であり、広報&司会を担当。広報の部分はナイスなパンフレットを作れました。

コンセプトは「行きたくなるような交流会」



しかし司会は、、、生まれて初めて司会なるものを担当しましたが惨敗な結果でした・・・・・


マイクは介助してもらいます
40人程度の会の司会がうまくできないとはショックです・・・

経験を積むしかないですね、、、次があるか分かりませんが・・・




約30人で楽しく交流一部で障害者基本法改定についての勉強会がありました。


日本は福祉の面からみると まだまだ過渡期のようです。


差別という言葉が出てくると難しくなりそうと感じました。




二次会は駅近くのメイドカフェ。

俺は週末に
の結婚式がある&病み上がりなので二次会には参加せずに帰ります。






2月17〜19日 の結婚式で東京に行きます。





17日 東京へ向かいます。

向かう途中、おもしろい経験をしました。



首都高速に乗っている途中、道も間違えていないのにカーナビが勝手に新ルートを検索。

新ルートといっても明らかに遠回り、、、でも せっかくなので新ルートを通って品川へ行ってみる事にします。




すると、、、広尾病院の前を通り、まさに俺の事故現場を通って行く事になりました・・・


と言っても、俺は事故について何の記憶も残っていないので、何の感慨もなく ふ〜ん程度。




事故から ちょうど10年目に生きて再来の事故現場なんとなく再スタートの気分です。





ホテルの部屋から、東京タワーが目の前・スカイツリーは遠くに見えました品川のホテルに着き、せっかくなので観光



エプソン品川アクアスタジアム(水族館)に行きます。




生で見るイルカショーは迫力があります水槽のトンネルをくぐったり、イルカやアシカのショーを見たり。


良かったといえば良かったのですが、、、アシカショーの車椅子席の位置が低く、ショーが見えにくかったです。

アシカくんと笑顔で記念撮影(有料)
最前列に座っている人も同じく見えにくい位置なのですが、、、車椅子は見えやすい位置の席に移動するという選択肢が無いので意味が全く違います。




惜しいなぁ〜、、、新しい建物なのに車椅子の事が考えられていないのが とても残念でした。





18日 の結婚式。

俺は昨年買った新しいスーツ&10年ぶりに頭にワックス付けたり。


白金甚夢迎賓館は割と俺の事故現場付近・・・
式場は白金 甚夢(じんむ)迎賓館。



歴史ある建造物で雰囲気も良く、段差だらけで移動には難あり


それでも皆々様方のやさしさのおみこしで問題は無し!



弟も奥さんも和装洋装どちらも似合います
主に親族の式。


良い式でした。






式が終わり、ホテルに帰る途中に高輪警察署の横を通ります。

高輪警察署は事故の時に父が事情聴取に来た警察署。


もちろん横を通る予定はなかったものの、、、なにか俺に事故の全てを見せられているようです。





で、ホテルで一休みしてから品川で東京の友達と飲みます。


都合六人の友達+従兄弟一人と俺
10年前に毎日のように病院にお見舞いに来てくれた友達と、今は居酒屋で楽しく飲めるってのは素晴らしいです。




事故から10年、良い区切りなのかもね。の結婚式のおかげで色々な体験ができました。





19日 長野に帰ります。












中・他

二日前、が風邪をもらってきます。

一日前、も風邪をひきます。


俺はにはうつらずに このまま乗り切っ、、、たら かっこよかったんですけどね・・・・・




頭痛とかったるさと熱っぽさ&痰が切れない。はい、俺も風邪をひきました。


祖母以外の堀内家全滅。祖母は同居していますが生活のフロアが違います。



俺と両親みたいに一日中 顔を合わせてるとね・・・




心意気ガードを一段と強くして、今度はかからないようにしたいです。






2月15日 美容院に行きます。


2008年8月に坊主にして以来、実に3年半ぶりの美容院です。



髪をもう少しのばしてみようかとも思っていますが、今週末のの結婚式にはビシッと決めなきゃいけませんからね。




久しぶりにワックスも買ってみました。同じしっとりでもワックスでしっとりと油でしっとりじゃ天と地ほどの違いが、、、あるのかなぁ〜・・・・・



まぁ イイヤ、買っちゃったし。キメる時にはキメていきます。






情報処理技術者試験合格証書 
from 経済産業大臣 枝野幸男独立行政法人 情報処理推進機構から情報処理技術者試験合格証書が届きました。


俺は国家資格が欲しかったんです。

うん、蓋を開けてみれば紙切れ一枚です。



しかし、今回 俺の得たモノはそれ以上に大きいです。




たかが紙切れ、されど紙切れ。これも得たから言える事。





欲しかったモノ以上のモノを欲しかったモノから得れた?ただ、欲しかったモノにはそれは無い、、、が、欲しかったモノを手に入れられなかったらそれも手に入っていない。ややこしや〜・・・


禅問答!!!






セルフケアで、今 使っている二つのヘルパー事業所と実家で話し合います。




話し合いの結果、何も変わりませんでしたが驚きの事実判明



長野市内で重度訪問介護の移動を余暇で長時間 使っているのは俺だけだそうです。


他の使ってる方は通院等には使っているものの、長時間の移動に耐えられるほど体力が無い方が多いとか・・・




体力の付く生活ができる&していて良かったです。






2月21日 長野市 障害福祉課の方に実家に来ていただき、重度訪問介護の移動で取ってもらっていた時間をただの移動支援に替えてもらいます。


重度訪問介護の移動は通院や役所に行く時、移動支援は余暇に使えるらしいです。






2月23日 ガイドの日。移動支援でのガイドです。


今回は自分自身の人生の幅を広めたいので、いつもと違うヘルパーステーションを利用してみました。



ヘルパーステーションを替える事で人生の幅が広がるのかと聞かれても答えは



でも広げたい、、、広げ方が分からないので もがいてみた結果、今回のヘルパーステーションの変更に繋がりました。


今回のヘルパーステーションに移動支援の方がガイドできるヘルパーの幅が増えると言われたので重度訪問介護の移動を移動支援に替えてもらいました。




ガイド
長野グランドシネマズTIMEを見に行きます。
それで一日 長野市街をブラブラしてみましたが、体験して感じたことは なかなか一筋縄ではいかない事。
ヘルパーステーションごとのシステムの違いに振り回されそうです・・・






2月24日 障害福祉課から電話があり、重度訪問介護を使っている人は移動支援は使えないと連絡を受けました。


で、先日 替えてもらった移動支援が重度訪問介護の移動に戻ります



通院や役所に行くワケでもないのにね・・・




人生の幅を広めたいと思い行動しましたが、結局 何も変わりませんでした。


まぁ、、、こんなもんですわ・・・・・






2月28日に放送されたTBSの番組の教科書にのせたい!の中でやっていた呼吸筋トレに挑戦してみます。



■呼吸筋トレ方法 ■
1、鼻からゆっくり息を吸う
ポイント(1):このとき、お腹をへこませ肋骨を広げるイメージで

2、息をはく
お腹をへこませたまま、吸う時の倍の時間をかけて息をはききる
ポイント(2):肋骨を寄せるようなイメージで
ポイント(3):口を「う」の形にすると少しずつ息をはける




俺は今まで、呼吸は腹式呼吸や丹田呼吸が良いと聞いていたのでおへその下の方を意識してばかりでした。


お腹をへこませ肋骨を広げるイメージ、、、俺にはお腹をへこませる事はできず、肋骨を広げるイメージの部分しか取り入れる事はできませんが、そのイメージだけで肋間筋のストレッチにはなってる感じです。



これは良いかもしれません!生活の中に取り入れてみます。



ただ、腹筋が無いor重力で内臓が下がっているせいか、座っている時の効果は感じられません。


起きた後と寝る前の、ベッドに横になっている時に実践してみる事にしてみます。










トップページへ
TOPページへ