2011年 2月〜



状態、状況

実家にいる。
頚髄損傷。両肩をすくめる事ができる。右肩を可動域は狭いものの回す事ができる。右肘を曲げる事ができるが、延ばす事はできない。右手首を返す事ができる。
膀胱瘻を付けている。
夜寝る時以外電動車椅子に乗っている。褥瘡対策の為、1日に何回か徐圧してもらう。たまに筋トレをしている。1日3食、食事の装具を付けてもらい自分で食事する。手をテープで縛ってパソコンを使う。装具を使い字を書く。装具を使い携帯電話を使う。
毎日、朝起きてからPT、ニンテンドーDSで脳を鍛えて、スタンダップチェアーで立ちながら歌いプルプルマシーンを使う。4日に1度排便。毎週月曜日と金曜日、特殊浴槽で入浴する為に桃の郷に行く。毎週水曜日、で入浴。週に一度、朝日病院リハビリに行く。3週間に1度、膀胱瘻の交換に篠ノ井病院に行く。1ヵ月に1度、整形外科の診察を受けに朝日病院に行く。3ヵ月に1度、脳外科の診察に篠ノ井病院に行く。


新しい事     今回が最後の事





外

2月5日 長野障害者自立支援センター「マイステップ」企画の障害者の交流会出前ふれんずに参加します。


場所は桃の郷3階会議室。



午前に実家に市のリフト付きバスで迎えに来てもらい、桃の郷へ向かいます。

長野市は一台だけ4台の車椅子が乗れるバスを持っているそうです。




桃の郷に着き、何の説明もなく何をするか全く分からない中、昼食の弁当。

で、会が始まり、全体で話しあいがあり、なんとなく自動的に個々の会話へ移行。


もう少し、、、進行をしっかりとしてほしかったのが本音です・・・・・




今回は身体障害者を中心に開いた会で十数人が参加しました。

こーゆー場でもなければ会う事のなかった方々です。色んな人がいるんだなぁ〜と感じました。



その中で良い出会いがあった感じもするので、機会があれば また参加してみたいと思います。






2月8日 けんり部会の会議に出席に桃の郷に行きます。




主に民生委員用のリーフレット作りに加わりました。


リーフレットは、身体障害・知的障害・発達障害・精神障害・高次脳機能障害 全ての障害をカバーしなければいけないので、なかなかギュッと詰め込むのが大変です。



当事者として、他の障害の事をあまり知らない立場として、少しは役に立ったと思います。






2月10〜13日 祖父のお見舞いに横浜に行きます。


祖父先月来た時よりも良くなっていました。

しか〜し、普段 祖父を介護しているのは祖母。優しさ故に過剰に手を出してしまう面が多々見られます。




リハビリとは生活 全て。


手を貸すことが良い事にはならない事もあります。そこは祖父母二人にと俺の厳しい指導。



病院のリハビリ以外のオリジナルトレーニングメニューを考えて祖父に課します。


祖父には まだ元気でいてもらいます。






2月14日 先日のけんり部会の民生委員用のリーフレット作りの詰めの作業桃の郷に行きます。


リーフレットは、5障害をカバーしなければいけませんが、俺は身体障害者当事者・高次脳機能障害経験者でしかありません。


でも、会議の中での当事者は俺一人。力になっているハズです。




リーフレットも前回の会議である程度はまとまっていたので たいして時間はかからないかな、、、と思っていたら、日にちを改めた事もあり出てくる出てくる新しい意見。


時間をかける事によって間違いなくどんどん良いモノになっていきます。



だから俺は会議は疲れるけど好きです。






2月15日 長野市街にお出かけの日。


長野駅前で昼食を取ってからバスでアミューズメント施設「ラウンドワン」に行きます。




長野市街に出た時に市内循環バスには乗りますが、普通の路線バスに乗るのは初めてです。

(たま〜に走っている低床バスを利用)



バスに乗る際に運転士に、場所によっては車椅子で降りられない場所があると聞きました。(俺の今回の行き先は大丈夫)



う〜ん、理由は聞きませんでしたが、低床バスでも降りる事ができなければ乗る事ができないのと同じなのでは・・・





ラウンドワンで俺が楽しめるのはコインゲームくらい、、、とは言っても、ゲームをするのは一緒に行ったヘルパーさん・・・

俺も横で見て楽しんでいるから問題はない、、、ものの、もどかしい時もある、、、けど、俺が楽しむにはそれし方法はない、、、んだな、これが・・・・・まぁ、いいさ!



とりあえず使いきれなかったメダルを預けたので、また近いうちに行きます。


このメダルを預けるのも、、、手の指の静脈認証なので俺はうまく指を乗せる事ができずに、登録がなかなかできずに店長まで呼び出す大ごとになり、結局 一般とは違う方法でメダルを預けました・・・






2月19日 長野駅前の居酒屋で高校の友達と飲みます。

今回は人集めからお店の確保まで俺がしたので、とりあえず俺が幹事です。


今まで何度も飲み会はありましたが幹事は初めてでした。






2月25日〜3月1日 横浜の祖母が亡くなったので横浜に行きます。




2月25日〜27日 桃の郷から帰ってくると祖母の訃報。すぐに用意して横浜に出発です。



祖母は24日の入浴中に逝かれたそうですが、数日前に髪も染め直していて超キレイな状態での夢のピンピンコロリ。おまけに祖母の好きな入浴中。



82歳の大往生です。会えなくなるのは寂しいですが、あまり悲しくはありません。





祖父は入院中。愛する妻が亡くなったというのに付き添いもせず、病院にいるというのは辛いだろう。という事で、祖父の外泊の件でが病院と戦います。


全責任を負うということで外泊許可が下りました。




人が亡くなると送り人の仕事・納棺屋さんの色んな儀式、色々あるものです。

俺もできる範囲で参加させていただきました。(ほとんどできなかったけど・・・)





2月28日 お通夜の日。場所は、正行寺 檀信徒会館。お通夜の後に会食。



3月1日 葬儀・告別式→出棺・火葬→初七日法要→会食。




二日とも会食が畳だったので俺は動けず・・・





祖母のお墓は長野に建っているのでお骨と一緒に長野に帰ります。



祖母、今度は上の方から見守っててください。




俺にとっては成人してから初めての第二親等以内のお葬式。


祖父も今回の事で病院から連れて帰る時よりもかなりしっかりし、立派な遺族挨拶もしました。


これから先、祖父がどんな生活をしたいのかもできるかも分かりませんが、今は病院で頑張ってほしいです。












中・他

台所に置きます蒸留水器を購入しました。



これから、一日1〜2Lはこの蒸留水器で作った白湯を飲むようにします。




蒸留水器について


  • 4Lの蒸留水を作るのに5時間かかります。
  • 蒸留水器のファンの音は大きめですが、蒸留水を作る時間を調整する事であまり気にはならなそうです。
  • 蒸留水はとてもおいしいです。お茶・コーヒー 等もおいしくなります。





足のすねにたんこぶができました。

原因は恐らく、、、いや、確実にスタンダップルプルです。


かといって、スタンダップルプル自体は中止したくありません。



角度は80°くらい?スタンダップルプル中にかかる すねへの負担を軽くするために、「より真っすぐ立つ為の板」を作ってもらいます。



すねへの負担が軽くなるのと同時にスタンダップルプルでの運動量も増えました。




禍が転じて福になりました!






2月17日 昨年11月から、2.3週間に一度 県リハに会いに行っているコがいます。


そのコも今月いっぱいで退所し、家での生活になるそうです。

という事で、そのコに会いに県リハに行くのは今日で最後です。



数えてみるとから都合七回行きましたが、たいした話しもせず たいていは世間話のような話をしていました。


プラスに働いていた事を祈ります。



せっかくなので、退所した後も付き合っていきたいものです。






春ウコンを飲み始めます。





2月23日 朝日病院リハビリに行きます。

今日は担当のOTの先生に実習生が付いていました。



評価についての実習。腕の可動行きの計り方 等を俺で勉強です。


その中で、OTの先生お手製の温冷感評価グッズがあったので試します。




そう、俺の右手はかなり温冷感が戻ってきたと昨年の12月に判明した所です。



さぁ!、、、って、アレ?冷たい細い金属を当ててもずいぶん感覚がボンヤリだなぁ・・・


氷を当てると、冷たい冷たい冷たい!




ワケを聞くと、温冷感の受容器の数が少ないので当てる面積を広くした事で感じたとの事。



なるほど、俺はかなり温冷感が戻ってきたと言ってもまだまだなんだなぁ〜。


でも、OTの先生は分かる事が大事と言ってくれました・・・


実習生のおかげで知らない事を知る事ができました。










トップページへ
TOPページへ