2006年 1月〜



状態、状況

実家にいる。
頚髄損傷。両肩をすくめる事ができる。右肩を可動域は狭いものの回す事ができる。右肘を曲げる事ができるが、延ばす事はできない。右手首を返す事ができる。
膀胱瘻を付けている。
夜寝る時以外電動車椅子に乗っている。褥瘡対策の為、1日に何回か徐圧してもらう。たまに筋トレをしている。1日3食、食事の装具を付けてもらい自分で食べる。手をテープで縛りパソコンを使う。装具を使い字を書く。装具を使い携帯電話を使う。
毎日、朝起きてからPT、脳を鍛えて、昼にはスタンダップチェアーで立ちながら歌い、をやる。1日3回 食前に糖鎖を飲む。3日に1度排便。毎週月曜日と金曜日、特殊浴槽で入浴する為にハーモニー桃の郷に行く。毎週水曜日、リハビリの為に県リハに行く。毎週水曜日、で入浴。3週間に1度、膀胱瘻の交換に篠ノ井病院に行く。1ヵ月に1度、整形外科の診察を受けに県リハに行く。1ヵ月に1度、東京の治療に行く。1ヵ月に1度、連合長野 青年委員会の幹事会に出席する。3ヵ月に1度、脳外科の診察に篠ノ井病院に行く。


新しい事     今回が最後の事





外

1月14日〜21日 毎年恒例となったフィリピン心霊治療に行きます。



カップラーメン持参治療の為ホテルに缶詰など、だいたい例年と同じ感じです。
(違うところといったらがいなかった事くらいです)


マイパソコンはディスクの交換中で手元に無かったので、のパソコンを持っていきました。




ファーストクラスのラウンジはとても静か(とりあえずビールは飲む)14日 祖父母・俺は飛行機はビジネスクラスでしたが、なぜかファーストクラスのラウンジへ案内していただきました。



うれしかったものの、ラウンジで祖父祖母・俺の3人だけ浮いていた事 間違いなしです。



飛行機は上空に雷雲がいらっしゃったので離陸が2時間以上遅れ、フィリピンに着いたのは深夜でした。




15日 初めてうつ伏せになっての治療がありました。

俺の一番治療してほしい首と後頭部の治療が出来たのでうれしかったです。





16日 市内観光の日。


外人墓地にて(後ろの白いところはズラーっと十字架の墓地)今年はツアーに初めて参加した人が多く、いつものマニラ市内巡り→外人墓地→お土産屋→焼肉屋コースでした。



ウキウキワクワクします治ってから、少なくとも一回はマニラに来て街の雑踏の中を歩きたいという野望が出来ました。


だって、危なそうだけど面白そうなんですもん。




17日 昨年の10月頃から、
おなかの膀胱瘻の下あたりから肉の皮のようなものが出ていました→ お腹の所、、、何の肉?


出ては引っこ抜き出ては引っこ抜きを繰り返し、病院で見てもらっても原因は分からないという状態が続いていました。



先生に相談すると、それは体に必要のないものを体が自分で出していると言われます。
(俺の考えは正しかったんだ・・・)




治療、先生にツアーリーダーの方経由で体力もついて神経が伸び始めているから、GH3を2クール程飲むように勧められ飲む事にします。 (昨年は3クール)





18日 首の治療で首が軽くなった気がします。

首と肩が柔らかくなり、揉んでもらう時の激痛も和らぎます。
(今までは揉んでもらうとすんごく痛かったんです)




19日 治療後、ミーティングがありました。今年は、

今回は沢山治療が出来た、沢山リハビリをする事、神様にお祈りをする事、努力する事、家族みんなの支えに感謝する事、外に出て色んな人と話して脳の神経が発達すれば体の神経も発達する、脳の活動が活発化すればもっと神経にも良い影響を与える、自然食を心がける事、ビールは脳細胞を酔わす効果があるのでビールは一週間に1本、赤ワインは OK

と言われます。

歩くまでの過程の事のさわりも話してくれた事もうれしかったです。





20日 ツアーリーダーの方の提案で先生もその方が良いとの事で、

また6月にも来る事が決まりました。


年に一度の大仕事が半年に一度の大仕事になりました。
快復が早まるならなんのそのです。




21日 帰国する時、成田に雪が降っていて到着が1時間位遅れましたが無事帰国。







今年は怖さにも慣れたのか機内用の車椅子も問題ありませんでした。


マニラ湾の夕日(なんとなくきれいだから)
フィリピンも不況らしく、昨年 ホテルでサービスでくれた干支の醜いぬいぐるみもありませんでした。昨年は→
(犬をいかにして醜く作るか期待していたのに・・・・・)


やはり治療後の毎日のシャワーでメッシュの赤も冷め切りました。

フィリピンにいる間、朝のPT祖父祖母の三人による年寄りハーレム状態でした。



昨年のフィリピンに来た時に知り合い、一年間の間 連絡を取り合っていた友達がいたので一週間が早かったです。



のパソコンを持っていったものののパソコンではたいしてやる事もなく、日記を書く事以外はパソコンに入ってるゲームをやっていました。

結果、ハーツで勝てるようになりました。












中・他

年賀状作戦2006
2005年9月 メールで友達に住所を聞きます。(返信率50%弱)
11月8日 年賀状製作完了、早速 書き始めます。(もちろん字を書く為の装具を使って手書き)
13日 年賀状の年号が2005年な事に気付きます。書いた7枚ボツ・印刷した40枚刷り直しです。
12月6日 年賀状が全て書き終りました。
15日 郵便局で年賀状の受付が開始されたので、早速出しに行きます。結果的に書いた年賀状は45枚です。しかし、早だしキャンペーンは50枚以上から適用という事で何もありませんでした。来年は50枚以上にはなりそうです。
1月1日 返ってきた年賀状は5枚です。そーいえば住所は聞いたもののコチラの住所は書かなかったのでこんなもんでしょう・・・
その後、徐々に年賀状が届きつつあります。


恐らく年賀状が届いた人のほとんどは、想定外のサプライズだった事でしょう。




俺は事故前は年賀状は書かない人でした・・・


その事から見ても事故後の方が心は健康的です。

45枚の年賀状というのも新記録でした。






1月2日 昨年の反省を生かし、今年は

ちゃんと1月2日に書初めをしました。
快い快復
心なしか、昨年より筆さばきも上手くなった気もします。






1月5日 連続しゃっくりが出ました。

俺が覚えてる範囲では、今までした事のあるしゃっくりは単発しゃっくりのみです。


連続してしゃっくりが出るのは、、、面倒ですが、それはそれで事故後初と思われる事なので うれしくもあります。






スタンダップチェアーで立ちながら歌っている時、鼻から空気を吸うとキツさが倍増する事に気付きました。


俺はキツい=力になる と判断しました。よし、これからはこれでいきましょう。






昨年に続き、今年はから交通安全守りを・友達から夢守りをいただきました。

どちらも善光寺のお守りです。
今年も車椅子に付けて常に守ってていただく方向でいきます。






ほぼ毎日スタンダップチェアーで立ちながら歌っていますが、年末年始を飲んだくれて?過ごしたせいで体力が落ちたようで、立ちながら歌うと目まいがひどいです。


体は正直です・・・






1月8日 携帯電話のイヤホンマイクを買いに行きます。また調子が悪いんです・・・

8月にも買い直して、6月に携帯を機種変更してから三代目のイヤホンマイクです。


使い方が悪いのかな、、、それとも平型端子になって他の部分が弱くなったのかな・・・・・






最近になって、新聞にも著作権が出てくると知りました。


「ん、マイホームページでいくつかそののまま使ってる、、、まずいな」と思い、すぐに長野市民新聞と信濃毎日新聞にどうすれば良いか問い合わせました。




長野市民新聞は掲載日や市民新聞の記事と分かるようになっているので問題なしと許可が下りました。


信濃毎日新聞は原則個人のホームページには許可していないところを、2004年8月7日付「にんげん紀行」の記事についてはホームページの内容から判断し、今回に限り無料で使っていただいて結構と許可が下りました。

しかし他の記事は、ホームページからはずしてほしいとの事。




「○○年○月○日の信濃毎日新聞で○○○○○○○○と掲載されています」と見出しの紹介のみ許可していただきました。

はい、そうしました



世間は厳しいものですね、、、そして温かいものですね。

長野市民新聞が掲載を許可してくれた事、そして信濃毎日新聞が一つの記事だけど特別に許可をくれた事に感謝します










トップページへ
TOPページへ