2006年 10月〜



状態、状況

実家にいる。
頚髄損傷。両肩をすくめる事ができる。右肩を可動域は狭いものの回す事ができる。右肘を曲げる事ができるが、延ばす事はできない。右手首を返す事ができる。
膀胱瘻を付けている。
夜寝る時以外電動車椅子に乗っている。褥瘡対策の為、1日に何回か徐圧してもらう。たまに筋トレをしている。1日3食、食事の装具を付けてもらい自分で食事する。手をテープで縛りパソコンを使う。装具を使い字を書く。装具を使い携帯電話を使う。
毎日、朝起きてからPT、脳を鍛えて、昼にはスタンダップチェアーで立ちながら歌い、をやる。英語の勉強をする。1日3回 食前に糖鎖を飲む。3日に1度排便。毎週月曜日と金曜日、特殊浴槽で入浴する為にハーモニー桃の郷に行く。毎週水曜日、リハビリの為に県リハに行く。毎週水曜日、で入浴。2週間に1度、膀胱瘻の交換に篠ノ井病院に行く。1ヵ月に1度、整形外科の診察を受けに県リハに行く。1ヵ月に1度、東京の治療に行く。1ヵ月に1度、連合長野 青年委員会の幹事会に出席する。3ヵ月に1度、脳外科の診察に篠ノ井病院に行く。


新しい事     今回が最後の事





外

10月28日 愛知教育大学附属中学校の

学校祭に講演に行きました。




この講演の話は今年の5月頃にマイページにアクセスしてくださった同校・生徒会会計の方の声から始まり、今回の講演で集まったお金を日本せきずい基金に募金するというお話でした。


なにぶん講演という機会を与えていただいたのは生まれて初めてです。




その後、担当の先生とメールのやりとりをしながら最終的に何を話すかが決まったのが2週間前、それから原稿を作り毎日練習をしていました。


横隔膜が筋肉痛になるくらい練習しました。(多分 声の出しすぎの影響と思われます・・・)





そして いよいよ当日、講演の後に祖父宅に行く用事があったので・俺の堀内家一族全員で愛知へ行きました。



講演をする時は、こんな俺でも先生と呼んでいただけるので少し恥ずかしいものがあります。




講演の内容自己紹介等を織り交ぜた脊髄損傷についての話です。


70〜80人、このくらいの前でお話をするのは初めて

傍聴していただいたのは約70〜80人くらい、中学生だけでなく保護者の方等にも聞いていただきました。





原稿を見ながら話すと伝わりにくいと思ったのですが、いざ大勢の前に立った時に頭の中が真っ白になってしまったら困るので、ポイントだけを書いた紙を膝の上においての講演をしました。




講演の回数は2回、一回目は まぁまぁ上手く話せたと思います。


そして一回目が上手くいったので二回目も上手くいくだろうと思い、油断をしていたら一回目より上手くいきませんでした。


油断大敵、初心忘れるべからずです・・・・・




多いです、あたりを見回して圧倒されました・・・
そして学校祭の閉祭式の時に講師として全校生徒の皆さんの前でインタビュー形式でお話をさせていただきました。





このインタビューの内容については当日聞いたのでしっかりとした返事が出来ず、脊髄損傷について簡単に説明を頼まれた時に、あれも話したいこれも話したいと結果的に講演の時と同じ内容になってしまい、講演を聞いていただいた方には同じ内容を二度聞かせてしまった事になり申し訳ない事になってしまいました。





講演料は講演は初めてなのでどんなものが出来るか分からないという事で交通費のみいただきました。高速代+ガソリン代でトントンでした・・・



しかし、講演という普通はお金を払っても体験できる事ではないような事を体験させていただけただけで御の字です。



花束贈呈の儀

さらに、交通費+立派な花束をいただきました。とてもうれしかったです。


花束+俺 かなり立派な花束です




今回の講演では油断大敵という事と突然聞かれた事にも脳みそをフル回転させて対応しなければいけないという事を学ばせていただきました




一度犯した過ちは二度犯しません、、、の方向で・・・・・

昨日より今日、今日より明日。より良いものが出来るように頑張りたいです。




ちなみに先日買ったICレコーダーで講演を録音しようと思っていましたが、見事に失敗しました・・・






講演が終わって、ついでと言ってはなんですが父の事を伝えに横浜の祖父の家に行きます。

電話で伝えるだけでは心配するだけなので、だけど こんなに明るいんだよという事を伝えたかったんです。






10月29日 講演のついでに行った祖父宅ですが、一泊して川崎に出来たばかりのLAZONAに行きました。


人で溢れるラゾーナ
このLAZONAかなり大きなショッピングモールです。





そして何も買う予定は無かったものの、吸い寄せられるように入った店で靴を買いました、、、が!






10月31日 長野市街にお出かけの日。


ゲド戦記を見にいった時のトラブルでいただいた無料チケットが10月末までという事で長野グランドシネマズに行きました。ギリギリでした・・・



見た映画はフラガール、長野市外へお出かけして見た映画の中でジブリ作品に次ぐ 感動+面白い映画でした。




でも、、、長野グランドシネマズの第八スクリーンに行ってビックリしました。



今まで利用したスクリーンは車椅子席が前から二列目の席だったのですが、第八スクリーンは車椅子席が最前列なんです。キツいです。



胸を張って2時間はかなり、、、キツい・・・・・
映画を見ている間中胸を張っている状態です。


ヘルパーさんと俺以外の人は後ろの方で見ていました。




入口で「コチラの席でよろしいでしょうか?」って聞かれてもねぇ、、、ヤダって言っても仕方ないし・・・・・
いや、、、フラガールは面白かったです・・・・・





その後、映画のチケットを持ってくるとコインを50枚くれるというのでゲームセンターに入ってみました

しかし俺の出来るコインゲームはなさそうなのでスロットで使いきろうと思ったら、、、スロットでフィーバーし続けます。


帰りたいのに当たり続けたので、後ろにいた学生に大当たり確定の台を譲って帰りました。






東京に治療に行った際、友達と飲みました。
飲んだ居酒屋は前企画した飲み会と同じ、来たメンツは前回マイナス1名。


やはり働き盛りの二十代後半を誘うのに平日は厳しいですね・・・



友達と話している時に、俺は社会に出ていないせいか話の切り替えしが人より遅いような気がしました。

その事をに話すと「昔からだよ」と言われました。複雑です・・・












中・他

10月1日から障害者自立支援法が本格施行になりました。



そして桃の郷デイサービス通所更生施設の名前が無くなりました


(もともとはデイサービス(ぴあぽーとデイサービスセンター)通所更生施設(ひかり学園かがやき)



名前は無くともある事はある、、、理由も聞かされていないので何がなんだか分かりません。
(桃の郷の職員さんに聞いても職員さんも分かりません)



ちなみに変わると思っていた食事の業者も変わりませんでした。変わると思っていた理由


診療報酬改定に障害者自立支援法の本格施行、10月に入ってから障害者にはどんどん住みにくくなってきている気がします・・・






10月3日 (麻痺が強く全く動かない)左腕を曲げようとすると左腕上腕二頭筋の所(力こぶ)の内側の筋肉(たぶんインナーマッスル)がピクピクする事に気付きます。



ビミョ〜ですが、たぶん昔はピクリともしなかった気がします。


動きは見えますが役には立ちません

でも うれしいです。この気持ち、、、分かる人は少ないと思います・・・






10月4日 県リハの診察で、もしかしてリハビリが続けられなくなるかもしれないと聞きます。

どうやら診療報酬改定の影響らしいのですが゛、まさかそれが自分にかかってくるとは思ってもいませんでした。


はい、リハビリが受けられなくなったらその時はその時です。


本当にお金が無いんですね、日本。ただ、弱者に厳しい国には未来はありません・・・・・






俺は普段から胸を張るように気をつけています


何故なら頚髄損傷肋間筋が麻痺しているので姿勢が前かがみになりやすいからです。

これでも気分的には背すじ まっすぐ

しかし日常的に気をつけてはいるものの、やはり なんとなく猫背っぽいです。





背すじは伸びているものの視点が斜め上30度
胸を張ったら張ったで斜め前方上方向を見ていて、これでは普通の生活が出来ません。


さて困りました。
どうやら骨格的に猫背になっているようです。



これではどうしようもありません。そこで、猫背強制ベルトなるものを使ってみようと思いました。


背すじ補正コルセット

そこで購入したのがこの背すじ補正コルセット

購入するのに相談する人もいないので自分で調べた上 購入したので調子が悪かったら変えますが、使わなければ分かりません。




もし日常生活の中で胸を張りながら生活できるとしたら、肋間筋が引っ張られているので横隔膜の筋トレにもなります。

の負担が一つ増えることになりますが、これからしばらくは着けてみることにします。






10月20日 会社が無くなりました。

俺が事故にあった際にはに休みを多くくれて、今の実家を作る際もお世話になった会社。


これからは自分で会社を立ち上げて、今までと同じような内容の仕事をするそうです。



会社という枠がなくなり自由に飛びまわれるようになった期待です。






TOPページがなんとなく寂しいなぁ〜、、、と思い、ポインタに車椅子が付いてまわるようにしてみました


うっとーしーかもしれませんが、そーゆー時は何も無い所でクリックすると車椅子は止まります。
かもしれませんが、インタラクティブなページの方向で。






背すじ補正コルセットを付け始めてから痙性が強くなってきている気がします。

良い事だと思いますが、には目を離しにくくなったと言われました。





TOPページのアルファベットを変えました。TOPページのアルファベットの位置

微妙ですが、、、自作です。







毎月 東京に治療に行った際、ホテルにリフターはないので一人で俺の移乗をしていました。


移乗に使うクイックターン・ニー
使う道具はダイヤ工業クイックターン・ニーです。





クイックターン・ニーを使って
母一人で俺を移乗 クリック!
いざ移乗!


東京に治療に行き始めてから約三年、一人の移乗とてもうまくなってきたので、最近は実家でも毎朝ベッドから車椅子への移乗の際にクイックターン・ニーを使って移乗するようにしました。




毎朝、一回立ってからクルッと回って車椅子に乗せてもらうようにしています。



これは学習機能があるといわれている脊髄にはもってこいです。


これもまた良い方に働く事でしょう。

曰く、昔より体幹がしっかりしてきたのでやりやすくなったとの事です。




おかげで移乗がかなりスピーディーになりました。
リフターを使うのは車椅子スタンダップチェアーベッドシャワーチェアーの時だけになりました。






背すじ補正コルセットを使い始めたものの、愛知の講演の時の体力を充電する為に使うのを休止しました。

講演の練習の為に英語の勉強も休止です。






気付くと、おなかに整形美容液を塗るのは週に一度、実家での入浴後のみになっていました。










トップページへ
TOPページへ