2005年 7月〜



状態、状況

実家にいる。
頚髄損傷。両肩をすくめる事ができる。右肩を可動域は狭いものの回す事ができる。右肘を曲げる事ができるが、延ばす事はできない。右手首を返す事ができる。痙性は日に日に強くなる。横隔膜が痛い。
膀胱瘻を付けている。
夜寝る時以外電動車椅子に乗っている。褥瘡対策の為、1日に何回か徐圧してもらう。たまに筋トレをしている。1日3食、食事の装具を付けてもらい自分で食べる。手をテープで縛りパソコンを使う。装具を使い字を書く。装具を使い携帯電話を使う。
毎日、朝起きてからPT、脳を鍛えて、昼にはスタンダップチェアーで立ちながら歌い、をやる。3日に1度排便。毎週月曜日と金曜日、特殊浴槽で入浴する為にハーモニー桃の郷に行く。毎週水曜日、リハビリの為に県リハに行く。毎週水曜日、で入浴。3週間に1度、膀胱瘻の交換に篠ノ井病院に行く。1ヵ月に最低1回は長野市街にお出かけする。1ヵ月に1度、整形外科の診察を受けに県リハに行く。1ヵ月に1度、東京の治療21世紀の健康を考える会に行く。1ヵ月に1度、サンアップルのプールに行く。1ヵ月に1度、連合長野 青年委員会の幹事会に出席する。3ヵ月に1度、脳外科の診察に篠ノ井病院に行く。


新しい事     今回が最後の事





外

7月1・2・3日 横浜から祖父母や親戚一行5人が泊まりに来ました。


という事で、信州新町のカラー花まつりや川中島古戦場松代城(海津城)雨宮の渡しなどに観光に行きます。

普段は近すぎて行かない近くて遠い場所、地元観光をしてきました。


改めて行くと新しい何かが見えてきます、面白いものですよ。





7月5日 長野市街へのお出かけで、今月は宇宙戦争を見に行きました。

深いです・・・












中・他

最近、寝る前にプログライドを付けなくなりました。
プログライドを付けなくても、肘の延びやすさは あまり変わりません。






7月7日 インターネットの接続を OCN 光 「B フレッツに変えます。


今日開設の予定が、、、工事のお兄さんがIDが無い・パスワードが無い・線をつなげる場所が無い と、工事費無料はいいけど、パソコンの設定を あまりせずに帰ってしまいました。





7月8日になり、LANカードを買って自分で色んな設定をする事になります。


どうもうまくいかないのでOCNに電話すると、OSがウィンドウズxpならLANカードは必要ないとの事。よくよく調べるとIDもパスワードもありました



元凶は工事をしにきたお兄さん。無駄になったLANカードは買取に来てもらいました。




今回 特に変わった所はメールアドレス位です



最近英語のメールが来る事が多くなっていたのでちょうどよかったです。

ホームページを持っていればたいして変わらないかな・・・





7月11日 メールアドレスが変わったのは良いけど、色んなトコの登録情報を変更してくってのはやたら手間がかかりますね・・・(IDとかパスワードもいるし)

何かいっぺんに変えられる方法があればいいのに・・・・・      あ〜 疲れた。





気付けばホームページも一周年。

1年で約15,500人の入場でした。
このうち自分で踏んだのは300HIT位でしょうか・・・






7月13日 県リハリハビリに行った時、車椅子ダンサーの長島はつみさんに会いました。


家に帰ってきて調べると、世界レベルの選手なのでビックリです。



長島はつみさんは自分の事を重度身体障害者と呼びますが、俺から見れば ダンスは出来るは 車も運転出来るは、、、かなり俺より状態は良いように見えました。


かく言う俺も、人工呼吸器を使わなければいけない人より状態は良いのでしょう・・・



線を引く事は出来ませんが、とりあえず俺は重度身体障害者という肩書きを使わせてもらいます。


それが俺の状態を表すのに最も適した言葉だから・・・・・
長島はつみさんにとっても自分の事を人に説明するのに最も適した言葉なのでしょう。


考えさせられる一日でした。

追記:長島はつみさんと俺は県リハリハビリの先生がPTOTも同じでした。変な所で親近感・・・






7月14日 市役所の人が桃の郷

指定管理者制度の事を説明しに来ました


指定管理者制度とは→




桃の郷今の職員が総入れ替えになる可能性があったので俺も説明を聞きに行きます。


来年度の管理者が今月末までに決まるという話です。

法が変わるのに当たって直前になっての事後報告




桃の郷は身体も知的も受け入れていますが、知的の利用者にとって職員総入れ替えはかなり負担になります。身体だってそうです。


そこらへんの事を全く考えずに、ただの事後報告のような説明をしに来た市役所の人はただ怒られに来たようなモンでした。



説明が終わった後、不安と怒りとあきれる気持ちだけが残りました。


説明会という名の事後報告はもうまっぴらです。

*おまけにパートの職員さんにはその事後報告すら無かったそうです。


これがいわゆる「説明はした」という事実を作る為だけの、お役所仕事というヤツですか・・・

これから どうなっていくんだろう・・・・・






7月23日 千葉で地震がありました。

今回は名前が付くほど大きな地震ではありませんが、こんな時に限って21世紀の健康を考える会のセミナーを受けるために横浜の祖父の家にきていました。


地震を体感したのは3回目、3回とも事故後です。あたり前ですが地震って怖いですね・・・










トップページへ
TOPページへ