2005年 6月〜



状態、状況

実家にいる。
頚髄損傷。両肩をすくめる事ができる。右肩を可動域は狭いものの回す事ができる。右肘を曲げる事ができるが、延ばす事はできない。右手首を返す事ができる。痙性は日に日に強くなる。横隔膜が痛い。
膀胱瘻を付けている。
夜寝る時以外電動車椅子に乗っている。褥瘡対策の為、1日に何回か徐圧してもらう。1日3食、食事の装具を付けてもらい自分で食べる。筋トレをする。手をテープで縛りパソコンを使う。装具を使い字を書く。装具を使い携帯電話を使う。
毎日、朝起きてからPT、脳を鍛えて、昼にはスタンダップチェアーで立ちながら歌い、をやる。1日3回 食前に糖鎖を飲む。3日に1度排便。毎週月曜日と金曜日、特殊浴槽で入浴する為にハーモニー桃の郷に行く。毎週水曜日、リハビリの為に県リハに行く。毎週水曜日、で入浴。3週間に1度、膀胱瘻の交換に篠ノ井病院に行く。1ヵ月に最低1回は長野市街にお出かけする。1ヵ月に1度、整形外科の診察を受けに県リハに行く。1ヵ月に1度、東京の治療21世紀の健康を考える会に行く。1ヵ月に1度、サンアップルのプールに行く。1ヵ月に1度、連合長野 青年委員会の幹事会に出席する。3ヵ月に1度、脳外科の診察に篠ノ井病院に行く。

新しい事     今回が最後の事





外

10月1日 川中島公民館分館で生ドラムの演奏があるというので見に行きました。

2階があんなに遠くに・・・
(川中島公民館分館に行ったのは事故後初めてです。なぜなら立派な階段があるから。今回はおみこしで上がらせていただきました。)






聞いてみると、演奏してくれる方はニューヨークで活躍している

AKOYA(ア コ ヤ)というハンドのドラマーとの事。


畳の上でドラム  観客は50〜60人位
ドラム一つでするバリエーション多彩な演奏に感動しました。(その他 激しいロックンロールなドラムさばきにも感動)




演奏が終わり座談会があり、「言葉の問題」「どうやってチャンスをつかんだか」など色々な事が聞け、かなり身になりました。






10月9日 吉丸房江先生の講演を聞きに松川村のGreenハウスへ行きます。


Greenハウス
案内通りに行くと、細い道の山奥へ、、、


行くと思ったらそうでもなく、意外と近くにGreenハウスはありました。



Greenハウス 玄関Greenハウスは、、、やけに階段の多い建物でしたが、心優しい人がいれば階段もなんのその、おみこしで解決です。




吉丸房江先生
1934年、福岡県前原町に生まれる。小学校と幼稚園の教諭を経験する。27歳から30歳までの間に相次いで癌で亡くし、現代医学への疑問から、東洋医学、東洋思想を学び、老子の思想にふれる。
その思想に基づいて、1978年、健康道場・コスモポートを開設し、多くの人を健康に導く。三児の母。
著書 4冊中、今回の講演の演題にもなっている「丸くゆっくりすこやかに」







琴とフルートで秋の調べ

心のあいうえお
初めてお会いして、きれいな70代だなぁ〜 と印象を受けました。


講演の前に琴とフルートの演奏があり、

講演は1時間半位でした。




俺もきっとこれからどこかで喋る機会があるだろうと思い、上手く話すコツを聞きましたが、コツは「伝えたい気持ち生まれつきのおしゃべり」だそうです。



2人の先生と
講演が終わりお食事会の時、吉丸先生のほかに先生と呼ばれてる人がいる事に気付きます。



よくよく話を聞いてみるとGreenハウスは建物の名称で、先生はNPO法人のGeenすくーるの主宰をしている方との事。


ここでも一つ繋がりが出来ました。こーゆー繋がりを大切にしていきたいです。






10月18日 連合長野の第11回幹事会に出席します。

今回は長野市内の長野県労働会館での開催でした。



会議の内容は、来月の定期総会の事と、もう今週末に迫ったユースラリーin戸狩の話を煮詰める事。


今回は前回より短めの5時間の会議。組んでいる足を組みなおしてもらったり、褥瘡を防ぐための徐圧をしてもらったりする必要がある時間でした。



会議とは別に青年委員会事務局の方から頼まれ、

来年度も青年委員会の幹事を続投する事になりました。





青年委員会の幹事をやる事により、
重度身体障害者を仕事に位置づける事が出来ます



労働組合に所属している俺の労働といえば、、、重度身体障害者しかないでしょう。


これからも活発に外へ出て行くという仕事を続けたいと思います。






10月22日〜23日 連合長野のユースラリーin戸狩に参加します。


もちろん役員の幹事としてです。では今回も俺の目から見た感想を少々・・・



ホテルは、、、当たり前ですが下見に行った時と同じくバリアフリーとは程遠いホテルです。

しかし、やはり前回のユースラリーと同じでたいして苦にはなりませんでした。


なにより大変だった事は、今回のユースラリーは元々9月にやる予定だった事もあり、10月の戸狩は寒かったという事です。常にホッカイロを体に6〜7個貼っつけていました。




1日目


朝9:00に戸狩のホテルで第12回幹事会があり、担当などの詳細を決めます。

この時にユースラリーin戸狩の議案書(報告書)の製作を頼まれました。


開会

前に出る幹事一同(写真は一部)開会集会→今回のユースラリーでは、幹事一人一人の自己紹介の時に俺だけ10分の時間を与えていただきました





自己紹介の原稿
事故の事
事故当初の事
事故による考え方の変化
事故が無ければ
この状態がチャンス
バリアフリーの事
これからの事

この自己紹介、原稿は割と簡単に書く事が出来ましたが、原稿をただ読むだけでは気持ちが伝わらないと思い原稿を見ずに話す事にしました。



さぁ 大変です、今まで生きてきた中で何も見ないで大勢の人の前で話をするという事は初めてです。

しかも何も見ないで話をするのには、俺の最も苦手な記憶という能力を使わなければなりません。



今日の為に、祖母の前で何度も練習もしてきました。

しかし話をする上で何を話すかが飛んでしまうとどうしようもないので膝の上に

 事→考→無→必→チャ→バ

とだけ書いた紙だけ置かせてもらいます。



自己紹介中
苦労の末、10分の自己紹介は俺的に80点位の成功

初めてにしては上出来といえるでしょう。




その後、班別に分かれてアイスブレイク(緊張をほぐすゲーム)・

しゃべり場(フリートーク)と企画が続きます。


フリートーク(脱力ぎみ)
しかし俺は自己紹介に全てを賭けていたので、この2つの企画は幹事としての責任は果たせた気がしません。ごめんなさい・・・・・




3Dカード作り→この3Dカード作り、企画から紙の調達やプリントアウト・ほぼ全てを俺が請け負った企画です。 立体的な3Dカード


それだけに思い入れも強く、自分自身では作る事が出来ないという事から全ての班を見て回り、アドバイスなどをする事が出来ました。


完成した3Dカードと幹事

ユースラリーに参加してる中で初めて存在以外で役に立てたと感じました。





夕食交流会→なぞなぞや参加者フルネームビンゴなど企画物が多かったので、前回の2次交流会のように声が届かず苦労するということはありませんでした。

また、夕食後に話しかけてきてくれた方がいたのもうれしかったです。車椅子に話しかける勇気に感謝。



自主交流→これも前回の反省からほぼスタッフのみで反省会が出来ました。

反省会の後、他の部屋にも回り幹事以外の方とも交流を深める事が出来ました。




2日目


朝起きるとやけに寒いです。

白い帽子をかぶった山
外を見ると近くの山のてっぺんか白くなっていました。

どうやら戸狩にも初雪が降ったようです。



体中に貼ってあるホッカイロでもこれにはかないません。



しかも2日目の予定はホテルで朝食→

体育館でインディアカ→


レンタルホールでそば打ち・試食→


閉会 という移動の多い日でした。



寒くて肘が延びずにほとんど電動車椅子を押してもらい移動しました。

参加者(ほぼ)全員で(約50人)
その他2日目の企画は参加できる企画が少なめでしたが、もともと寒さにやられていて元気が出なかったので、、、良かった事にします・・・・・




全ての企画が終了し、ホテルに戻り幹事だけで反省会


今回のユースラリーは前回より良いモノに仕上がったという事でまとまりました。



俺的には1日目はエンジン全開で2日目はその余力で動いていた気がしますが、それもまぁ 良しとしましょう。

やはりユースラリーは普段俺は接することが出ない方(郵便局・JR・NTTの方等)と交流が持てるので楽しいです。



来年も青年委員会の幹事をする事になっているので、次回のユースラリーは今回の反省も含めた更に良いモノに仕上げたいと思います。






10月27日 ヘルパーさんと長野市街にお出かけに行きます。


そろそろ秋冬服が欲しい時期、今年の4月に続きザ・フラットヘッドで全て事足りました。

かっこいい、、、しかし なにぶん高い。今年度の秋冬服は3着追加でした。
普段着ているものを半年に1回、ちょっとずつフラットヘッド化していこうと思います。



その後、皇帝ペンギンの映画を見に行きます。
いつか教育現場へ出ていきそうな映画でした・・・











中・他

そうだ、スタンダップチェアーで立っている時、
胸を張って歌おう!と気付きました。



そのためにはカラオケの画面を高くする必要がありました。

そんな時、県リハを退所する時になぜか買った点滴台が役に立ちました。



画面高〜い
画面が上にいった事により必然的に顔を持ち上げる必要があり、胸を張りながら歌を歌う事が出来ます。



スタンダップ中 全体図
まだ胸を張りながら歌を歌い続ける事はキツいですが、頑張って続けていこうと思います。







10月30日 KMさん整形美容液(エムブランエッセンス)の説明に実家に来ました。

とりあえず使う事にしました。


今日は長野市長選挙投票日でしたが投票には行かずじまいでした・・・






10月31日 マナテックで、糖鎖のサプリメントのアンブロトースパウダーが進化したサプリメント アドバンス・アンブロトースパウダーが出たので、早速 アンブロトースパウダーアドバンス・アンブロトースパウダーに切り替えます。

アドバンス【advance】-前進。進歩。上昇。出世。


飲む量は専用スプーン3杯になりました。



思えばアンブロトースパウダーとは短いお付き合いでした。






10月18日 マイカーカーナビが付きました。もうこれでどこに行っても迷う事はありません。

しかし、俺は迷う事が好きなので迷うことが出来なくなるのは少し寂しいです・・・





10月21日 コスモ酵素が飲み終わります。TおばちゃんがFFCパイロゲンを送ってくれるので、これからはFFCパイロゲンを飲みます。





今まで毎日スタンダップチェアーで立ちながら歌を歌っていましたが、

音域がやたら狭いのが悩みの種でした。(1オクターブ位かなぁ〜・・・)


今までに県リハリハビリの先生(OTPT)にも聞きましたが、明確な答えは返ってきませんでした。





10月20日 膀胱瘻の交換に篠ノ井病院に行った時、たまたま入院していた時に担当だったSTの先生に会います。音域を広くするにはどうしたら良いか聞くと、声学にヒントがあると教えていただきました。


これから時間がある時に声学について調べ、活用していこうと思います。






いつの間にか寝る時に首に氷嚢を当てなくなりました。氷嚢も卒業?(いつの間に・・・)





月末の週末に先日頼まれたユースラリーin戸狩の議案書(報告書)を製作します。

使い慣れないワードでの製作でしたが、メールで送ると「さすがホームページ作ってるだけあるな」とお褒めの言葉がありました。よかったです・・・





糖鎖を飲み始めてからの2日に1回の排便ペースが、気付くとまた3日に1回に戻っています。

脱・排便に追われる忙しい日々です。


このまま安定してくれる事を祈ります・・・









トップページへ
TOPページへ