2004年 2月15日


状態、状況

実家にいる。
頚髄損傷。両肩をすくめる事ができる。右肩を可動域は狭いものの回す事ができる。右肘を曲げる事ができるが、延ばす事はできない。右手首を返す事ができる。痙性は日に日に強くなる。横隔膜が痛い。
膀胱瘻を付けている。
夜寝る時以外電動車椅子に乗っている。褥瘡対策の為、1日に何回か徐圧してもらう。暇があれば筋トレをしている。1日3食、食事の装具を付けてもらい自分で食べる。手をテープで縛りパソコンを使う。装具を使い字を書く。装具を使い携帯電話を使う。
毎日、朝起きてからPT、昼にはスタンダップチェアーで約30分立ち、を約1時間やる。3日に1度排便。毎週月曜日と金曜日、特殊浴槽で入浴する為にハーモニー桃の郷に行く。毎週水曜日、リハビリの為に県リハに行く。毎週水曜日、で入浴。3週間に1度、膀胱瘻の交換に篠ノ井病院に行く。1ヵ月に最低1回は長野市街にお出かけする。1ヵ月に1度、整形外科の診察を受けに県リハに行く。1ヵ月に1度、東京に治療を受けに行く。1ヵ月に1度、サンアップルのプールに行く。3ヵ月に1度、脳外科の診察に篠ノ井病院に行く。

新しい事     今回が最後の事





重要な事


6月19日 東京の治療のついでに、原宿へ夏服を買いに行きます。


せっかくなので公共交通機関を利用しました。



高田馬場でエスカルを初体験します。

エスカルは、車椅子を乗せて操作する駅員は階段を上るという機械。


あまり素敵とは言えません。



それはともかく原宿に到着。それなりにかっこいい服を10着購入しました。




そんな事より、驚くべき事が!


車椅子に会いました。しかも3台。

やはり車椅子同士は引かれあうという事が確証されました。






鏡に映っている上半身を見ると、、、、、

「あれ?右の肩と首の間の筋肉、発達してんじゃん」
右肩だけ武藤筋あり


俺はそこの筋肉をプロレスラーの武藤敬司にちなんで武藤筋と呼んでいます。



筋トレの効果が武藤筋として現れました。




数日後、県リハOTの先生に「それは僧帽筋」と訂正されました。





6月23日 県リハに診察に行った時、先生に色々聞きます。

  • 腕を上げるのは三角筋という筋肉で、筋トレにより三角筋がついてきている
  • 足組んでも問題無し
  • 顔がかゆいのは頚髄損傷の人は仕方がない






6月24日 篠ノ井病院に診察に行った時、リズミックをやめた事を言うと、「薬が減る事は良い事だね」と言われます。

「じゃあ、後の薬は?」と聞くと、「やめてみて何も変わらなかったらやめていい」との事。


今度は筋弛緩剤と末梢性神経障害にきく薬を、

毎食後から朝飯後だけに減らして様子を見る事にします。






6月30日 県リハの主治医の先生からPTの先生に「自主トレ方法を教えるように」とオーダーがあったらしく、俺が出来ると思われる訓練プログラムを考えてプリントしてきてくれました。


明日から
筋トレ訓練プログラムに書いてある事が追加されます






7月2日 桃の郷に行くと、信濃毎日新聞の記者の人がいました。

今日は、どうやら桃の郷の使い勝手について取材しに来たらしいです。



俺は、かまわずお風呂に入ったり昼飯を食べたりしていると、信濃毎日新聞の記者の人は他の取材に行ったとかでいなくなってしまったので、お昼過ぎに実家に帰りました。



「また次回、桃の郷の件以外の事で取材に来てもらおっ」と思っていると、



桃の郷から電話があり、信濃毎日新聞の記者の人が実家に来ました



俺的に桃の郷の使い勝手が悪い場所の


  • 特殊浴槽のお風呂に行く時のわずかな段差の事
  • 入り口の作りの事
  • 最近アスファルトをはがしてカラーブロックを埋める工事をそこら中でやってるけど、カラーブロックの上を車椅子で通ると「ガタガタ」して使いにくい事

などを話しました。



特殊浴槽のお風呂に行く時のわずかな段差は、わずかな段差ですが段差は段差です。



もともと不特定多数の障害者が使うと想定されて作られた公共施設にあるべきでは無いと思います。


今回、取材を受けた上で信濃毎日新聞の記者の人に驚くべき事を聞きました。




桃の郷はもともと長野市初の・知的障害者・精神障害者・身体障害者 全てを受け入れられる複合施設として作られた施設だった事。


俺が使えるようになるまでのひともんちゃくは何だったのでしょう・・・・・





ホームページの事が頭から離れず、満足にも出来ません・・・











その他の出来事

6月8日 中のテーマソングが「踊る大捜査線」のサントラに変わります。 


事件はそこらへんで起きてるんじゃない

脊髄で起きてるんだ。(再生っていう事件がね)






傷口がとてもきれいになっている事に気付きます。
そーいえば、ここしばらく傷口がとてもかゆかったです。

かゆい=治っている という事が証明されました。





6月14日 桃の郷で足を組んでる人を見て「おっ?」と思い、足を組んでみました。組めました。


2年ぶりに足を組みました。
意外と気持ち良いモノです。
足を組んでみる  写真は2004年7月10日





6月17日 メッシュが成長しました。名づけて「天然エクステンション」

天然エクステンション  前から 天然エクステンション  左から 天然エクステンション  後から 天然エクステンション  右から






6月20日 たこ焼きを誤嚥します。苦しんでると、数時間後に青のりとかつお節が出てきました。



東京の治療から帰ってくるとエレベーターが動きません。直るまでの数日間、両親に担いでもらい階段を上り下り事になります。





6月24日 今月は「世界の中心で愛をさけぶ」を見に行きます。





6月28日 近くのヤマダ電機に初めて行きました。

ヤマダ電機は売り場が2階と3階にあるので、車椅子で行けるか心配でした。


行ってみると、
入り口の目の前に車椅子の駐車スペースがありました。



「車椅子の駐車スペースがあるなら上に行く為のエレベーターもあるハズだ」と思い店の中に入ると、エスカレーターしかないじゃありませんか。


店員さんを呼ぶと通常の入り口から遠く離れた

荷物の搬入口へ案内されました。



「えっ、これっておかしくないですか?」と店員さんに聞くと、
「いや、これはお年寄りのお客様が近くに駐車できるように・・・・・」との事。




つまり、お年寄りのお客様の為に車椅子の駐車スペースを作りました 車椅子の方は荷物の搬入口からどうぞという事です。




それって、

おかしいんじゃないですか?






7月7日 に「日記書くの早くなったね」と言われました。
半年間、かかさず書いてきたおかげです。あと4年半・・・・・意外と5年日記は長いものです。









トップページへ
TOPページへ