history








2004年

HPを作るにあたって、2004年の2月から2002年の事を書き始めて、追いついたのが6月29日です。それまでの2004年の事は1月1日から書き始めた5年日記を利用しました。

2004年の 主な出来事

初めの頃
1月17日
2月5日




























3月3日
3月25日
6月〜
7月9日
7月10日
8月7日
9月25日
11月13日
2004年終わる

実家にてある程度決まった、割と忙しい毎日を過ごします。夜寝る時以外は電動車椅子に乗っています。体には膀胱瘻が付いています。できるだけ自分で出来ることは自分でやろうと思っていますが、健常者と比べると
出来る事はまだまだ少ないです。
心霊治療を受ける為フィリピンに行きます。
ホームページ作りを開始します。
県リハの先生に聞いてみると、右手の可動域が狭いのは柔軟性がないことと、筋力不足のせいとの事。この日から毎日の筋トレが始まります。
長野市長と話し合おうという会に参加します。
言いたい事は言えたものの、話し合った感じは全くしませんでした。
たいして大きな出来事も無いまま時は過ぎていきますが、ここらへんでページを分けようと思います。
もしかしてこれから、このような事が増えるかもしれません。
ホームページが完成しました。
とは言ってもまだ土台部分(トップページ脊髄損傷について歴史(現 軌跡)日記用語集・掲示板)のみです。
半年間、長かったけど これだけ立派な土台だから、その上に建つ家も立派なものになるはずです。
してみせます。
↑って事で、分けます。
信濃毎日新聞の33面に俺の記事が掲載されました。結構大きな記事です。
長野県の労働組合 連合長野 青年委員会のユースラリーin安曇野に、ゲストとして招待されました。
謝礼もいただいたので、俺にとって障害者として初めての仕事と言っても良いでしょう。
連合長野青年委員会第15回定期総会に参加します。
今回から俺も幹事のひとりとしての参加です。
定期総会に呼んだ国会議員の方と話す事が出来ました。
障害者として活発に活動した充実した1年でした。





トップページへ
TOPページへ