2002年 11月7日


状態、状況

厚生連 篠ノ井病院HCU(準ICU)にいる。
頚髄損傷。両肩ともすくめる事ができる。右肩を可動域はかなり狭いものの回す事ができる。右肘を曲げる事ができるが、延ばす事ができないので使い物にならない。右手首を少しだけ返す事ができる。とても小さな声だが、喋る事ができる。痙性は日に日に強くなる。
1日3食、全介助で食べさせてもらう。複視起立性低血圧の為、ベットを上げるのにとても時間がかかる。腹筋と背筋が痛い。
気管切開した喉の所からレティナを付け、おむつを当てている。褥瘡対策の為、1日何回も体位交換をする。痰を自分で出す力がないので、機械で吸引してもらう。
面会は7:30〜8:00、12:30〜13:00、17:30〜18:00の3回。は毎日来てくれる。は身の回りの世話で昼と夜の2回(12:30〜14:30 17:30〜20:00)、家と病院を往復する事になる。は面会時間がたとえ残り5分しかない時でも、会社帰りに毎日寄ってくれる。友達も沢山来てくれる。リハビリ  ベット上でOTPTST合わせて50分位。リクライニング式の車椅子だが、車椅子に乗る事が自分で出来るリハビリ。意味もなく乗る。が、よくマッサージをしてくれる。呼吸の練習をする。週2回特殊浴槽で入浴。

新しい事     今回が最後の事





重要な事


初めて普通の車椅子に乗ります

たかが車椅子、されど車椅子って話です。移動の為ではなく、訓練の為に乗る車椅子。



普通の車椅子に乗って訓練
30分でキブアップ
でした。

「よし、普段はリクライニング式の車椅子に乗って、訓練の時に普通の車椅子に乗ろう」と思います。




普通の車椅子に乗ると起立性低血圧がひどく、


クラクラしたり目の前がまっ白になったりして大変です。






11月8日 他で使う人がいるとの事で、リクライニング式の車椅子

を違う病棟に持ってかれてしまいます



この時はリクライニング式の車椅子みたいに寝そべった状態でないと聞き取れる声が出なかった事もあり悲しかったですが、後になってそれで良かった事だと知ります。






11月19日 両親長野県身体障害者リハビリテーションセンターに相談に行き、医師2人・看護師2人と話して落ちこんで帰ってきました。


「何しに来るんですか?ここに

来ても 何も変わりませんよ」みたいな事を言われたそうです。






自分で食べます篠ノ井病院OTの先生に、食事の装具を作ってもらいます。


しかし、食べ物をフォークに差してもらい、そこから口に運ぶまでの作業を自分でやるだけの装具です。


篠ノ井病院で作ってもらった食事の装具 と、顔かき棒





毎日車椅子に乗り、徐々に乗っていられる時間を増やしていきます。

篠ノ井病院の入口まで行ってみる

年末の少し前には4時間位車椅子に乗り続けていられるようになります。











その他の出来事

11月9日 MMさんが来ていたので人工呼吸器が取れたお祝いにビールを飲みました。


とは言っても250ml.の缶ビール1本を4人で分けて飲むという

なんかかわいそうな話です。





11月11日 リハビリで、頭を左右に倒す・曲げる、上半身を前に倒し体を起こす、上半身を左右に倒し戻す。
これを5分頑張ってベッドに横になり、「やった」という顔をしていました。


リハビリは人それぞれの状態に合った その時々に合ったものが必要です。

このリハビリは俺に合ってなかったと思います。






11月22日 と色々話します。この頃の俺は

迷惑をかけて生きているのが辛いと話します。





11月23日 均整院の先生が来てくれ、整体をしてくれました。

やはりいつもそばにいるがやるようにと、に色々教えてくれます。
これから篠ノ井病院にいる間は土曜日によく来てくれます。





車椅子に最長2時間乗っていられるようになり、痰も少なくなりレティナの口元まで出てくるようになり、声も少しずつ大きくなってきています。

少しずつ力が付いていっているようです。





11月29日 東京から氣功の先生が来てくれます。

顔の所が開いている枕を購入し、うつ伏せが出来るようになります。





12月9日 看護師さんが朝降った雪で、小さな雪ダルマを作って持ってきてくれたり、雪を触らせてくれたり食べさせてくれたりしてくれます。

今までは降る雪を眺めてるだけだったので、とてもうれしかったです。




12月21日 均整院の先生の整体も5回目です。
曲がっていた背骨も徐々にまっすぐになってきました。
均整院の先生に教えもらった整体をやる母





12月23日 熱が出て、血液・尿・便・その他色々調べ、抗生剤も打ちます。約1週間で治ります。



クリスマスに向けて看護師さんがリースを作ってくれました。

暖かい贈り物です。
手作りリース




クリスマスには東京の友達からダンボールいっぱいのプレゼントが届きます。

友達からプレゼントが届くとは思っていませんでした。









トップページへ
TOPページへ