2002年 10月8日


状態、状況

厚生連 篠ノ井病院HCU(準ICU)にいる。
頚髄損傷。両肩ともすくめる事ができる。右肩を可動域はかなり狭いものの回す事ができる。右肘を曲げる事ができるが、延ばす事ができないので使い物にならない。右手首を少しだけ返す事ができる。人工呼吸器を付けている為声が出ないが、口パクや50音表を使って意思の疎通は出来る。声帯を使わずに出せる音がある事に気付き、使う。痙性は日に日に強くなる。
1日3食、全介助で食べさせてもらう。複視起立性低血圧の為、ベットを上げるのにとても時間がかかる。唾を飲み込む事が出来ないので、ティシューで取ってもらう。腹筋と背筋が痛い。
気管切開した喉の所から人工呼吸器を付け、おむつを当てている。褥瘡対策の為、1日何回も体位交換をする。痰を自分で出す力がないので、機械で吸引してもらう。
面会は7:30〜8:00、12:30〜13:00、17:30〜18:00の3回。は毎日来てくれる。は身の回りの世話で昼と夜の2回(12:30〜14:30 17:30〜20:00)、家と病院を往復する事になる。は面会時間がたとえ残り5分しかない時でも、会社帰りに毎日寄ってくれる。友達も沢山来てくれる。リハビリ  ベット上でOTPT合わせて30分位。リクライニング式の車椅子だが、車椅子に乗る事が自分で出来るリハビリ。意味もなく乗る。が、よくマッサージをしてくれる。人工呼吸器の設定をどんどん下げていき、呼吸の練習をする。週2回特殊浴槽で入浴。

新しい事     今回が最後の事





重要な事


喋れるカニューレに交換してもらいます。



「やった〜、喋れる〜〜」と喜んで交換してもらうと、、、苦しい・・・・・

呼吸が出来ません。半年以上喉から呼吸をしていると、口からする呼吸の仕方を体が忘れてしまうようです。




そんなこんなで苦しんでいると、お昼になりが来ました。

驚かせてやろうと思い「おはよう」と言いますが、呼吸が出来ずに苦しんでいる俺を見て「容態が急変」したのかと思い逆に心配させるはめになってしまいました。


後で聞くとなんか「お○○○」と聞こえたとの話です。


HCUの主任の看護師さんも涙を流して喜んでくれました。




今日は10月8日、108ってなんか良い数字です。

第一声

しかも8は八で末広がり

さらに大安の日。


10月8日は素晴らしい日になりました。






10月9日 今日から言語療法士の先生に入ってもらう事になります。
やる事はまず、息を吐く練習。ティシューを顔に乗せフッと吹いたり、単語を言ったりです。





10月11日 耳鼻科の先生に声帯を診てもらいます。右の声帯の動きが少し悪いのと気管があれている事が判明しました。


普通、口から入れる人工呼吸器長くても2週間しか付けないけど、俺の場合付け替えてもすぐ死ぬと思われていたため気管切開するまで3週間以上かかっています。

その事の影響もあると思われます。


夜に主治医の先生が来て「リハビリで声が出るようになるよ」との事でした。





頭痛、腹痛が続きます。





10月21日 主治医の先生から夜の呼吸器を取り県リハに行くまでの話があります。

・MRIの結果少し心配がある
・頚髄の損傷の上に、少しふくらんだように髄液がつまっている所がある
との事。


今晩から夜も酸素のみのホースに変わります





10月25日 ベット回りを片付け、人工呼吸器も片付けます。
今晩から酸素も無くなります





10月28日 喋れるカニューレのまま食事を取ります。

朝のTVの占いで「思いついた事をやると良い」と出てたので、やってみました。


今まで食事の時は喉から呼吸してたのが口からの呼吸に変わると、あらビックリ。
いつもよりおいしいじゃありませんか。



喉から呼吸してると、、、そーいえば匂いも吸えません。

どうやら今までの食事には匂いが無かったようです。











その他の出来事

もっと状態が良い人はスピーチカニューレという常に喋れるカニューレがありますが、俺が付けたカニューレスピーチカニューレの一歩手前のカニューレで、喋る時はカニューレの内側の筒を交換してもらわなければ喋れませんでした。

でも、喋れると言ってもまだ蚊の鳴くようなとても小さな声です。






10月12日 東京から友達MMさんが来ます。

人工呼吸器の酸素のホースが取れた事になかなか気付きませんでした。お昼の後になってから喋れるカニューレに取り替えてもらい喋りました。


喋るといっても小さな声で名前を呼ぶ程度で疲れきってしまいます。



驚きのあまりMMさんは泣き、友達からは「オオッ〜」と驚きの声が出ました。



リハビリも兼ねてしりとりをしました。とかとか一文字の言葉を言うと怒られます。






10月20日 看護師さんからこれからのリハビリに関して話がありました。


まだまだ生ぬるい。県リハを見据えてやってくにはもっと頑張らなくてはいけない」との事です。
この看護師さんの話によると、「県リハに行くと這ってでも便所掃除をしなければいけない」との話でした。




ベットの位置が変わります。









トップページへ
TOPページへ